蜂が好む家の特徴は?巣を作らせない方法や駆除の方法も

昆虫

春〜秋にかけてと活動期間が長い蜂ですが、蜂は刺されたら痛いだけではなく、ときに人体に危険を及ぼすこともあります。

毎年、駆除しても同じ場所に蜂の巣を作られて困っている家庭も多いと思いますが、蜂が好む家にはいくつかの特徴があるということがわかりました。

今回の記事では、蜂が好む家の特徴と蜂に巣を作らせない方法、蜂の駆除の仕方について解説したいと思います。

蜂が好む家の特徴は?

蜂は巣を作るとき、無作為に場所を選んでいるのではなく、当然のことながら蜂にとって住みやすい環境の家を選んでいます。

蜂が好む家には、どのような特徴があるのでしょうか。

①雨風が当たらず、環境が天候により左右されない場所

蜂は、日陰が軒下を好みます。

昔ながらの日本家屋は、比較的軒下が広く、そのため雨風も当たりません。

同様に、マンションやアパートのベランダも屋根が大きいため、その点では蜂にとっては都合が良いですが、日本家屋の場合、庭に葉が生い茂った木などがあることも多いため、蜂は、さらに日差しや雨を凌ぐことができます。

また、そのような状態であれば、家の人も蜂の巣を見つけにくいため、気づいたときにはとても大きな巣になっていることもあります。

②天井裏や屋根裏

蜂は、家の換気口から、天井裏や屋根裏に侵入し、巣を作ることもあります。

このような閉鎖された空間であれば、雨風に当たることありませんし、外敵に見つかることもないため、蜂にとってはかなり好都合な環境ですね。

家の人が巣の場所を特定することも困難であるため、気づいたときには大量の蜂が住み着いているということになるでしょう。

③餌がある

蜂の餌は、青虫や毛虫、アブやハエなどの昆虫です。

庭に古い木のある一戸建てなどであれば、こういった昆虫も豊富にいるため、蜂にとっては、非常に住みやすい環境となります。

木の幹の中に空洞などがあれば、それこそ蜂にとっては好都合なので、その穴に巣を作ることもあるでしょう。

 

蜂に巣を作らせない方法はある?

上記のような条件を兼ね備えた家は、せっかく駆除したとしても、また巣を作られてしまいます。

ですから、一度、蜂の巣を作られた場所には、予防策をはっておくようにしましょう。

軒下に蜂に巣を作られたのであれば、そこに蜂の巣用の忌避剤を散布しておきましょう。

忌避剤には、スプレー、粉末、液体とさまざまなタイプがありますので、用途に合わせて使い分けもできます。

有効期間に気をつけながら コンスタンスに散布するようにしましょう。

雨が降れば、指定の期間に至らなくても効果がなくなってしまいますので、気をつけてください。

天井裏や屋根裏に蜂の巣を作られた家庭は、換気口をネットで塞いでしまいましょう。

古い建物の場合は、壁など隙間があることもありますので、パテなどで、隙間を埋めるのも非常に有効です。

そして、庭に空洞の多い古い木などがある家は、蜂の巣が作られていないかチェックしてください。

あまりにも繰り返し、蜂の巣となるようであれば、伐採してしまうのもひとつの手ですね。

スーパーハチジェットプラス 480ml 蜂駆除 ハチ撃退+巣を作らせない【北海道・沖縄・離島配送不可】

 

蜂の巣を駆除する時間帯はいつ?

蜂の巣を駆除する時間帯に適しているのは、夕方以降です。

日中は、働き蜂は、巣から外出しているため、すべての蜂が戻ってきている時間帯が好ましいです。

日中に駆除をしていたら、外から戻ってきた働き蜂に刺されてしまうということもありますので危険です。

しかし、夜が深くなると、暗くなって周りが見えなくなるので、外が明るいうちに駆除作業を済ませるようにしましょう。

日没を待ち、2~3時間以内に駆除するようにしてください。

まとめ

今回は、蜂が好む家の特徴と、巣を作らせない方法や駆除の方法について、紹介しました。

毎年、蜂に巣を作られている家庭なら、これらの条件に、1つ以上当てはまるはずです。

蜂に巣を作られないようにするため、対策については早めから動くようにしましょう。

関連記事:蜂はコーヒーの匂いが嫌い?蜂を寄せ付けない方法を紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました